儚い命の光を放つ夜光虫

今日は一家4人での初カヤック、初夜光虫ツアー
あいにく少し波が残っている
ちょっと不安の面持ちの中漕ぎ出していく
思っていた心配も無く無人島に無事到着、さっそく水の中に手を入れてみる
うーん
少し少ない様子の夜光虫ーーー
キラリキラリではなく蛍さんのようにポア―、ポアーと上下左右、八方にーーー
客人に感動の言葉がーーーよかった

一瞬光っては消える、あまりに小さな光の粒に命の儚さをしらされる
見ていると時の経つのも忘れてーーー光の粒と戯れる
海もいつしか穏やかにーー
そばをボラさんも跳ねる
不順だったこの夏にはめずらしいほどの満点の星
流れ星もーーー
今日も感動の一日がーーー
おつかれさまでした
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する